課題研究「養殖班」9月12日

kaiyounews 海洋技術科ブログ

HOME > 海洋技術科ブログ > 課題研究「養殖班」9月12日

月別 アーカイブ

海洋技術科ブログ

課題研究「養殖班」9月12日

年内にワカメを収穫するために種糸作りも早める予定ですが、そのためには種糸をポリカーボネート水槽で管理する際の海水温を21℃以下に保つ必要があります。しかし現在水槽を設置している実習棟内の気温は晴天時の日中には30℃を超えており、種糸管理に適した環境ではありません。そこで使用されていない冷蔵庫を利用し、海水冷却装置を自作してみることになりました。

その前段階として、発泡スチロールに詰めた氷の中にパイプを通し、ポンプで水を循環させて水温が実際に低下するかどうか実験してみました。

養殖班のSさんのアイデアを詳細な設計図(?)とし、みんなで適当(?)に作って実験した結果、ビニールパイプだけの構造より、熱伝導のよい金属を一部使用したものが効率が高いことがわかりました。詳細は来年1月末の課題研究発表会で示すことにして、とりあえず海水冷却装置作成に挑戦します。