学校長挨拶

ABOUT HAMASUI 学校紹介

HOME > 学校紹介 > 学校長挨拶

やわらかな日差し、そして穏やかに吹き寄せる潮風に、春の息吹を感じられる今日の佳き日に、保護者の皆様のご列席のもと、「令和三年度入学式」を挙行できますことは、この上のない喜びであり、心から感謝申し上げます。

海洋技術科29名、食品流通科12名、専攻科漁業科5名、専攻科機関科4名の皆さん、入学おめでとう。
今日まで深い愛情をもって慈しみ育んでこられた保護者の皆様、本日はまことにおめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

本科三年間、専攻科での二年間、皆さんは充実した学校生活を送り、多くのことを学びながら、それぞれの自己実現を目指すこととなります。本日のこの喜びは、皆さんのたゆまぬ努力の結果であることは云うまでもありませんが、これまで熱心にご指導いただいた中学校の先生方や、皆さんの健康を気遣いながら、陰で辛抱強く支えてくださったご家族の優しいはげましの賜であることを決して忘れてはなりません。

さて、本校は昭和23年の開校以来、地元浜田、島根県はもとより、日本の水産・海運産業を支える有能な人材を世に送り続けています。今年度74年目を迎える、歴史と伝統を誇る学校であります。

地域産業の持続的な発展を支える職業人を育成するという本校の役割を踏まえ、産業界と高等学校が一体となった「社会に開かれた教育課程・学校」を推進しております。地域社会や産業界と連携・協働した教育活動を進めることで、地域産業の発展に寄与する心豊かな職業人の育成をしております。

入学にあたり本科生の皆さんに、本校の校訓である「自律」、「敬愛」、「進取」の言葉を送ります。

「自律」とは、物事をしっかり見極めて、自分の行動を正しい方向へと導く心のことです。将来の目標を持ち、その実現に向けて、しっかりと自分の進む道を決めて、高校生活に取り組んでください。

次に、「敬愛」とは、友達同士、あるいは生徒と教職員、地域の方と自分と言った関係の中で、お互いに相手のことを敬い、思いやりの心と規範意識を持って接することにより、互いに支え合い、高めあい、社会に貢献できる人間になるということです。周りの人を大切にすれば、自分も周りから大切にされますし、周りから信頼を得ることができます。

三番目の「進取」とは、専門的な知識・技能を身に付け、未来を切り開いていくことです。現在コロナ禍で、将来の姿も見えにくくなっています。そのような中で、企業から求められているのは、自らが未来を切り開いて、時代に対応する実践力であります。本校で専門的な知識・技術を身につけ、力を養ってください。

学校生活は集団生活です。その中で、自分自身を磨き、高めていきます。そのためには爽やかな挨拶や、端正な身だしなみが基本となります。よりよいコミュニケーション能力を身につけ、できるだけ早く学校の中に自分の居場所を見つけてください。学校は何よりも安全で安心できる場所で在りたいと願っております。その中で思う存分、自分の「夢」を追いかけてください。
さて、本科に続き上級海技士となるべく入学した、九名の専攻科生の皆さん、航海士・機関士とそれぞれ目指す道は異なりますが、目標はただ一つ、これからの二年間における乗船実習および専門教科の勉学に励むことで、自分達が将来、船舶職員になった時にしっかり対応できるよう、船員に必要とされる資質を十分に身に付けてください。

それでは、皆さんの努力と活躍を期待して、お祝いの言葉とします。

令和3年4月9日

島根県立浜田水産高等学校
校長 福井 文生

 

歴代校長一覧